占って科学的でないじゃない?

占いは科学的じゃない?

占いは女の人がやることが多い。

カップルで来ても大体占いを希望するのは女性です。

女性は自分のルールがあり滅多に集団的な催眠にはかかりませんが、個人的なことは盲信しやすいのかもしれません。

男性は理論的に考えたいということですぐに信じませんが、集団的なことには信じやすいですね。例えば肩書とか常識とか。戦争に行って特攻までしてしまいます。

私は男性なのだが昔から占いやオカルトは好きでした

月間ムーとかいう怪しい雑誌もよく見ていた。同時に科学的なことも好きでニュートンなどを読んでいました

霊の存在とかスピリチュアルとか信じない人もいっぱいいます。(大分県は超保守なので特にそう人が多い→大友宗麟の土地なのにね)

占いも根拠がないから信じないという人もいっぱいいます。

ただそういう人には問いたい、お墓とかになんで行くのでしょうか?クリスマスとは?お彼岸とかも・・根拠はないですよね。

もっというと「愛」とか「友情」とかそういうものも。。

見えないものを信じないという宗教などもあるかと思いますが・・見えないものの方が大切という考え方が占い的なのです。

人生を生きていくというのは大変なものです。自分の考えだけでは白黒つけられないことも多々あります。

相談事を家族・友人・恋人・兄弟などにすると秘密が漏れたり話を聞かずに否定されたりします。

特に本当の悩みなどはなおさらで、だれにも相談できないことが多いのです。

そんな時に頼りになるのはプロのカウンセラーだったりするのですがこれがまた日本には少なく周りにいる人も少ないのが現状です。また日本では相談事を占い師が受けていたケースが多々あり今でもその現状に変わりはありません。

今後はAIの進化で話し相手(相談相手)をする用途とものが現れます。その場合はただ話を聞いてくれて適当なアドバイスをくれるようになるでしょう。占い師も廃業の危機にありますね。

さて話がそれました。占いは科学的じゃない?という問いです。

私は科学でまだ立証できない未科学なものが「占い」だと思っています。

「気」や「霊」などはあるものだけどまだ証明できない。

見えないものだから「ない」というのは科学的ではないのです。

特に私は量子物理学に期待をしています。いずれは人間が霊的な存在であること、魂があることなどを数式と実験で立証してくれると信じています。

 

 

 

 

 

森友事件は昭恵アントワネットが起こしたかも

森友事件は、2つの事件が絡んでします。一つは8億円を財務省が値引きして誰かが儲けようとした詐欺案件。

もう一つは、財務省が国会を1年近く騙し公文書を改竄・消去した公文書偽造事件です。

私は上の8億円も大事ですが、財務省が国会をだました上に書類まで改竄してしまう事を問題視しています。

2018年始まったばかりですがこんな風になるのではと予言

大分の占い師が今年を占ってみた

2018年の干支は「戊戌」。十干・十二支が意味するのは繁栄と滅亡、さてどちらに転ぶ?かと思いますが私は日本は滅亡の方にいくとみています。

相撲協会の話がずっと続いていますがここも滅亡。ジャニーズのような興行師も滅亡。続いてテレビの時代もほぼ終わりでしょう。

相撲みたいな国技がこのような辱めを受けているのは時代の終わりを意味します。

もっとも相撲協会が今のような興行になったのも江戸時代中期とされるが、明治・大正・昭和初期には今のような賑わいではなく歌舞伎のようなものだったと思う。

戦後のGHQの洗脳教育の中で野球とプロレスとともに相撲が作られていった。

全員がTVを見て応援し日ごろの不満を解消して本当の支配者に反抗しないようにするため。

相撲は興行になってしまっているため年に5度もリーグ戦がある。15日×5なので実に75日。

ガチンコでやっていたら故障するに決まっている。ボクシングやUFCなどをみればわかる。

訓練をした大男が本気で格闘したらお互いタダではすまない。

相撲が張り手なし、投げなし、押すだけなどのものであれば分からないが・・

なのでもちろんある程度の手抜きをするのは当たりまえなのだが、、、

貴乃花はちょっと変わり者で自分が天才なのでガチンコしか許せないのでしょう。

世間も彼に加担してるのでこの先モンゴル人は少なくなり日本人は元から弱いので相撲は興行として衰退するでしょう。

日本の滅亡とは戦後日本のこと

日本が滅亡するからといって私たち庶民はあまり関係ありません。(生活は苦しくなりますが)

戦後、アメリカの支配層の奴隷となり構築してきた日本の制度が滅亡するからです。

日本の権力基盤はアメリカ→官僚→官邸→自民党(公明党)→大企業(金持ち)→役人→庶民

もうざっくりというとこんな感じだと思います。

この一番上のアメリカと官僚、この支配は今年に滅亡し始めると思います。

時は60年周期で巡りますが今年はその終わりの年になるでしょう。

新しいルールが必要なので今、安部(官邸)が勝手に作っています(ここが日本の不幸)

終わりとは始まりの意味がありますので今年から新しい日本が始まると感じています。

ですので2020年のオリンピックは新しい日本をヴィジョンするのは間に合わなく中途半端なもので終わるでしょう。

そしてこの2020年の東京オリンピックが終わった時が日本の戦後の本当の終わりです。

私は東京の首都の遷都があると思っています。

 

★母猫たちの近況★

 

どうも。こんにちは、スタッフMです。

今日は妊娠している母猫たちの近況を報告したいと思います。

確実に妊娠しているのは、はっちゃん。めろんちゃんです。

お腹がとても大きくなり、乳首もはってるのでそろそろかわいい子猫ちゃんがうまれますよヽ(^o^)丿

 

はっちゃんは本日には出産するかもしれません!!!!!

遅くても明日だそうです(゜゜)~

とても待ちどおしい…。はっちゃん安産できればいいなあ(+o+)

お腹が大きいので4ひきはいるかも。。。とのことです。

ちなみにおとうさんはチャンピョン経験のあるアメショーのチビくん(^^)

《ちびくんのかわいい、イラストポストカード 100円で販売中です》

 

めろんちゃんはいつくらいなのかまだきいていませんがおなかのおおきさをみると

あともうすこしかもしれませんね。

めろんちゃんのすらりとしたモデル体型が….。おなかだけぽっこりーーーそして少しぽっちゃりしました。

今日はめろんちゃんが嫌いなかいくんがいるのでふしゃーとおこりつつもキャットタワーでゆっくりしています。

 

ぜひみにきてあげてくださいねヽ(^o^)丿

 

大分で人気の占い師のひとり言

大分の占い師クプアのひとり言

秋も深まってきましたね、大分・別府も昨日、今日と寒いです。

ブログに来てくれた人、ありがとうございます<m(__)m>

いろんなことに応えていこうと思うのでコメントくださいね。

さて、なにを書きましょうか・・うーん。

思っていることを書くことにしましょうね

日馬富士の件、加計学園隠しかと思いますが連日やっていますね。

私は日馬富士の酒癖の悪さをこんなに大きく取り扱っていることに違和感を感じます。

ビール瓶で殴ったとか殴っていないとか・・密室での出来事なのでこれは分かりかねますよね。

それにモンゴル人同士でのこと。これはモンゴルのルールで裁けばいいなんていったら極論ですね。

千代の富士とかの方がひどかったと思うんですがね

モンゴル一族に乗っ取られそうなことで嫌がらせ的に出てきたと思うのは私だけではないのでは?

ただ、人を殴っちゃいけません。

もちろん動物もだめです。

なので日馬富士を擁護はしませんし、お酒は辞めた方がいいのでは?と思います。

大分の最近の雰囲気について

私は大分に来てもう3年にはなるかと思います。

大分で占いを初めて2年になります。

大分市の方に某占い館に行くので、大分駅も良く使うことになっています。

しかし、大分は景気が悪いですね。

なんでかは分かりませんが、お金も回っていない気がします。

清い所にはお金は来ませんので大分はキレイ過ぎるのかも過ぎませんね。

その点、福岡・博多の方は盛り上がっています。

大分の占い館でも土曜日なのに人が来ない!!なんて日も残念ながらありますので。。

日本全体が2022年まで落ち続けますので仕方がないことなのですが。。

海外(インド)に移住したいなぁなんて思う人は私だけじゃないはずです。

大分は昨年よりも今年と景気が悪くなってきています。。。

これはほとんどの地方都市がそうかと思うんですね。ふざけるなよ!アベノミクス。

株式を持っている人などは浮かれバブルでしょうが、、、

あと少しで急落するとみています。まぁ私には関係ありませんが・・

大分は住みやすく。ごはんも美味しく。人も優しくでいいところなんですけどねぇ

しかし、大分も未来はあると占い師はいっちゃいます。

福岡は次の経済首都として伸びていきますので九州経済圏として引っ張られる!!!はず。

このままだと熊本・長崎・山口に取られていますが。。

頑張ってくれないかな~大分県選抜の岩屋自民党衆議院議員。

でも無理なんだろうな~

政治の力では無理なのでここは元AKBの指原さんかwww

と今日はこれぐらいで。

 

 

大分の中高生は半額で占い!!!

大分の中高生占い半額

こんにちは。占いのクプアこうじです。

占いねこはおかげさまで沢山の方にご利用いただきました。

ありがとうございます。

先日、大分でマッサージにいったらご婦人に「高校生の娘が占いに行きたいと言ってるけど高いのよね~」と。

たしかに占いねこでは30分3500円ですから高校生にはちと高いかもしれません。

そこで始めました、中高生占い半額→20分1000円。

どうでしょうか?これって安くありませんか?

まずは地域の中高生に知ってもらいたいと思っています。

学校帰りにどうですか?

台風とおりすぎました~

こんにちは。九州直撃の台風もすぎ、少し安心しています。

このブログを書いている本人は、関西出身なのでこんなに大きな台風が直撃することなどめったになく、

学校をやすみたいがために、ひたすら台風を呼び寄せていた小学生時代を思い出します。(笑)

そのせいか、台風とはこんなに雨がふって風がふいて、大変なんだなと改めて感じました。

これから秋になっていくので、体調管理をしっかりしていきたいと思います。

 

今日はこのあたりでm(__)m

大分の占い師が平慶翔を斬る

大分の占い師が平慶翔を語る

大分の占い師のクプアこうじです。私は現在、大分県別府市に住んでいるので東京都議選などはまったく関係ないのですが、今、ちょっと話題になっている平さんについて勝手に語らせてもらおうかと思います。

この平翔は下村博文の元秘書でした。その後、何かあって退職してその後小池新党に入ってます。

下村氏側、平側、どちらが正しいかは分かりませんがとにかく今までの主を裏切った(本人は否定)ことは事実のようです。

姉は、知っての通りの長友の妻に収まり人気者の平愛梨。

さてさてどんなものだか・・

平慶翔とは

兵庫県神戸市生まれ。中学2年生の時に上京し、東京都渋谷区で一人暮らしをする。中学高校時代は芸能活動を行うが、大学進学を機に芸能事務所を辞める。

国士舘大学卒業後、下村博文の公設第一秘書を務めていた。2017年7月2日に投開票が行われる2017年東京都議会議員選挙において、都民ファーストの会から立候補を表明した

  • 大学卒業後に15歳から7年間交際した一般女性と結婚。一児の父である。
  • 趣味は歌、水泳、乗馬、ピアノ演奏、サッカー、ヴァイオリン、読書。
  • 6人兄弟の4番目で、兄はビバリーヒルズ在住の実業家でモデルもしている。姉は平愛梨、妹は平祐奈であり、義兄は長友佑都。父は不動産会社経営者、母は税理士である。
  • 2017年6月24日・姉の結婚披露宴に、小池百合子を来賓として招待した。

以上 Wikipediaより引用

いや~、見事なお坊ちゃまなんですね。端正なルックスを見るとご両親もいい顔立ちなのでしょう。

それにしても公設第一秘書とはなんと最低でも月給36万円以上もらえる立場だったんですね、それを6年も。

どうやって入ったかはなぞですが6年続いているのは立派です。

大分の占い師が平慶翔を占ってみた

はい、彼を占ってみました。見事な変わり者でしょう。

もしかしたら彼の言っていることは正しいのではないか?と思います。

正直者で反骨精神の持ち主が多い星です。

自分が決めた道をまっすぐに進むタイプなのでどうしても政治家になりたいのでしょう。

願うならば政治家になることがゴールではなくスタートであってほしいとは思います。

ただ、今回は小池さんに靡いて下村さんを裏切ったことは事実でしょうし、本人は飄々としてるでしょうがこのイメージはかなりこれからマイナスになるでしょう。

これでダメなら実家の不動産屋さんになるのかもしれませんが。。

 

大分の事件を占い師が語るpart1

大分の事件を占い師がみてみる

今日から大分のニュースを占い師の私が勝手に語るシリーズを始めていきたいと思います。

今日のニュースはこちら↓

警察官のスピード違反 もみ消しか 大分

大分県の宇佐警察署の数人の警察官が先月、交通違反の取締り中に別の警察官が運転する車のスピード違反を見つけたにもかかわらず、反則切符を交付せずにもみ消した疑いがあることがわかりました。大分県警察本部は犯人隠避などの疑いがあるとして関係者から事情を聴き、詳しいいきさつを調べています。

大分県警察本部によりますと、先月下旬、宇佐警察署の数人の警察官が宇佐市内の国道で交通違反の取締りを行っていたところ、大分中央警察署に勤務する警察官が運転する車がスピード違反をしたのを見つけました。宇佐警察署の警察官たちはいったん車を停止させましたが、反則切符を交付せずに、その後、速度などを記録した関係書類をシュレッダーにかけるなどして処分し、もみ消した疑いがあることがわかったということです。

車を運転していた大分中央警察署の警察官は県警の調べに対し、スピード違反をしたのに反則切符を交付されなかったと認めているということです。取締りにあたった警察官の中には違反をした警察官と顔見知りもいたということで、大分県警察本部は犯人隠避などの疑いがあるとして関係者から事情を聴いて詳しいいきさつを調べています。

大分の警察の不祥事に占い師が語る

警察によくある身内に甘いということですね。私などもよく原付を運転していた時に捕まりました。そのたびに6000円だの8000円だの払わされた記憶があります。

その時も納得はしませんでしたが、権力に逆らうわけにもいかずに素直に払いましたが・・

国家権力の公務員のお仲間同士ならば見逃してくれるなどとは、法を守る気力がなくなります。ただでさえ森友学園や加計学園のような限りなくブラックに近いグレーでも権力者(この場合は政治家や高級官僚)はおとがめなしなので。。

末端の地方の県警の警察官が簡単に不正をしているわけなので、この手の話は氷山の一角と見るべきでしょう。

そういえば地元の宇都宮で警察官になった友人は、オリオン通り(栃木1のショッピングモール)を逆走していた元暴走族でしたね、彼が交通課にいるんですから笑えます。

今の文部科学副大臣の義家さんも元ヤンキーが売りで有名になり、教え子に手を出して妊娠させても何故か国会議員にまで上り詰めて大臣までもう一歩と。

真面目にやっている人の方が馬鹿をみる社会が長く続くと革命になります。

もっとも日本では民衆が立ち上がって成功した例はありませんが・・もし成功するとしたら今権力側にいる心がある志士が立ち上がって・・という夢物語しかありませんね。。

大分でオーラ診断始めます

オーラ診断を大分で始めます

オーラ診断はその方のオーラの色・大きさ・形などを視ます。

体調がわるかったりするとその場所が暗く視えたりします。

オーラとは何か?

オーラとは、生体が発散するとされる霊的な放射体、エネルギーを意味する。転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感なども指す。なおオーラという言葉は、「微風」「朝のさわやかな空気」を意味するギリシア語 αὔραアウ、「風」「香気」「輝き」などを意味するラテン語の auraアウに由来する。

オーラを霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感ではなく、霊的な放射体、実在するエネルギーとする場合、現代では、その概念の説明は論者の拠るところにより異なる。科学、医学、宗教、超科学、疑似科学、超心理学、超自然、ニューエイジ、オカルトなどを背景に、多様な論が展開されている。

現代、オーラの実在を信じる人の多くは、オーラとは物体から発散され、それを取り囲むエネルギー場であると考えている。また、光の一種であるとも考えられているが、科学的に計測可能な光とは明らかに別物であり、光の全スペクトラムの中にオーラと呼ばれているものは含まれていない。

オーラを見ることができると主張する人々、オーラ・リーディング(オーラを読むこと)を生業とする人々の多くは、人間の周りを取り囲んでいるオーラの場合、その色や形状はその人のパーソナリティー、思考、感情などの状態を反映しているものであり、オーラを見ることで、その人の様々なコンディションを見抜くことができると考えている。

透視能力者・霊媒のテッド・アンドリューズは、「人間のオーラというのは肉体を取り巻くエネルギーフィールド」で「人間をすっぽりと包み込む立体的なもの」「健康な人の場合、オーラはからだのまわりを楕円形、あるいは卵型に包んでいる」「平均的な人で、身体のまわり2.5~3mにわたって包んでいる」と解説した。

占星術師・タロット占い師・ヒーラーのジェーン・ストラザーズは、オーラというのは人を取り巻く「気の場」だとし、それによって人の健康、気分、エネルギーレベルについて知ることができるとした。

オーラの科学史

紀元前500年のピタゴラス学派にて、オーラの概念は初めて西洋文献に記された。それによれば、全ての自然に浸透している生命エネルギーの発光体が人間の組織に影響を及ぼし、病気を癒す効果もあるという

1500年代、スイス出身の医者であり錬金術師であったパラケルススは人間の癒しをもたらす未分化の生命エネルギーを「イリアステル」と名付けた。

1800年代において、ヤン・ファン・ヘルモントとフランツ・アントン・メスメルは、肉体が離れた相手に互いに影響の及ぼすことのできる“流体”の存在を報告し、ある種の電磁界に似たフィールドが存在しているかもしれない、と示唆した。

1800年代中期には、カール・フォン・ライヘンバッハが 電磁界とよく似た特性を示す「オドの力」と呼ばれるフィールドの実験を行った。ライヘンバッハは、オドは磁極のように互いを引きつける力の特性を有しており、また、磁極もオドと関連する極性を有しているとし、オドが人間の身体に水晶の力に似た極性を生み出すことを発見したと主張した。ライヘンバッハの主張によれば、身体の生命力には磁石のような極性があり、身体の左側が負で右側が正である。

1911年、内科医ウォルター・ジョン・キルナーは人間の身体を取り巻く、3つのゾーンからなるエネルギーフィールドの研究を発表した。キルナーはこのフィールドを「オーラ」と呼んだ。キルナーは、オーラには年齢・性別・健康・精神力などによりかなりの個人差が見られるとし、それを基にした診断システムを開発した。キルナーによればオーラの状態と肉体の病気には相関関係がある。

1939年、精神分析家ヴィルヘルム・ライヒは生命エネルギーであるオルゴンの概念を提唱した。これは性エネルギーと関連があるとされ、病気治療に有効であると考えられた。ライヒはオルゴンエネルギーが空間や生物・無生物に脈動していることを確認した。ライヒはジークムント・フロイトの分析法を応用し、肉体の中のオルゴンエネルギーを自然な流れにするための物理療法を開発した。

現在ではメスメルやライヘンバッハ、キルナー、ライヒらの実験は、一般的に疑似科学とみなされている。

1939年、イェール大学のハロルド・バー(英語版)が植物の種のエネルギーフィールド(オーラ)を測定した。新芽のまわりにある電場はもとの種子の形ではなく、すでに「生長後の草木のかたち」を示していた。つまり、このフィールドを測定することにより、植物がどの程度育つかが予測できるという。また、バーは蛙の卵のエネルギーフィールドを測定して、成長した蛙の神経系の位置を予測できることも発見したと主張した。そしてバーはサンショウウオの周囲に、身体と同じ形をした電場が存在し、その電場が、脳と脊髄をとおる一本の「電気的な軸」をもっていることを発見したという。

1979年、ニューヨークの骨形成外科医ロバート・ベッカー(英語版)は肉体を流れる直流電流を測定し、そのパターンを表す肉体電気フィールドの地図を作製した。このフィールドは人間の生理的・心理的変化によって形態を変化させること、健康状態や病気と相関して状態を変えることが判明したとベッカーは主張した。

1970年代にドレクセル大学では、超感覚知覚能力者であるカレン・ゲスラらが参加した実験が行われ、オーラエネルギーが2ミリワットのレーザー光線を曲げたり弱めたりすることが可能であることが確認されたと発表された。この実験結果はNBCテレビで全国的に放送された。

1970~90年において、日本の超心理学者であり宗教家である本山博は、長年ヨーガを実践してきた人々から放出される低い光レベルの測定に成功したと主張した。また、本山は経絡を電気的に測定し、その結果を鍼灸の治療に利用している。

1970~90年において、カザフ大学のヴィクトール・イニューシンはコロナ放電写真を通して人体の「ツボ」の位置を示すことができたと発表した。また、オーラには自由イオンから成るバイオプラズマが含まれることなどを発見したという。

同じく1970~90年において、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の筋運動学の名誉教授で、ダンスセラピー、運動療法への貢献で知られる研究者ヴァレリー・ハント(英語版)は、生命エネルギーについて研究し、生体がひとつの電磁場であることを示した。

1980~90年代に、原子物理学者ロバート・ベックは、世界中の多くのヒーラーがヒーリング中に7.8~8ヘルツの脳波パターンを示すことを発見したと主張した。また、ヒーリング中のヒーラーの脳波の周波数と位相は、シューマン共振と呼ばれる地球の磁場の変動と同調していることを発見したと主張した。ここから、ヒーラーはヒーリングのために地球の磁場からエネルギーを取り入れていると推測できると論じている。

同じく1980~90年代に、ネヴァダ州の生体電磁気研究所の創設者兼所長ジョン・ツィマーマンは、ヒーラーが一度シューマン共振とリンクすると、脳の右半球と左半球が調和し、7.8~8ヘルツのアルファ波を出すとした。また、ツィマーマンはヒーリングで手を当てられた患者の脳波もヒーラーの脳波と同調してアルファ波を示すことを発見したと主張した。また、ツィマーマンは、ヒーラーの手から放出されるシグナルの強度や周波数が、生体組織の修復や促進を目的として開発された医療用の電磁パルス発生装置のシグナルと一致することを発見したと主張した。この発見は、気功や瞑想などの実践者を対象とした中国および日本での研究から裏付けられた。

1990年代には、A.S.Popowのバイオ・インフォメーション機構のロシアの科学者グループにより、生きた有機体が300~2000ナノメーターの周波のエネルギー振動を放出していることが確認されたという。このエネルギーは「バイオプラズマ」と呼ばれた。この発見はモスクワの医療科学学会で立証され、イギリス・オランダ・ドイツ・ポーランドでの研究で支持されているという。

中国の蘭州大学のチェン・ロンリアンは光量子装置(低光測定装置)や生体検査機を用い、人間の肉体から放出されるエネルギーを測定する実験を行った。その結果によれば気功の達人と透視能力者から発せられるエネルギーには如実に違いが見られたという。

グラナダ大学のOscar Iborraらの研究によると、オーラが視えることで他人のヒーリングができると報告する人々は、通常の人々に比べ、共感覚と呼ばれる知覚を持っている場合が多いという。