大分の事件を占い師が語るpart2

大分の事件を占い師が語るパート2

大分の占い師が語る今日のニュースはこちら

警察官をかたって女性を車に乗せ、監禁したとして、大分中央署は14日、わいせつ目的誘拐と監禁の疑いで、国東市国東町北江、僧侶谷山光存(こうそん)容疑者(61)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は12日午後6時15分から同55分までの間、大分市末広町から別府市古市町まで、大分市内の無職女性(29)にわいせつな行為をする目的で乗用車に乗せて誘拐し、監禁した疑い。
 同署によると、谷山容疑者はJR大分駅構内で女性に警察官を名乗り、近くに止めていた自分の車に誘った。女性は車が停止した際に逃げ、無事だった。不審に思った女性は車内から知人に携帯電話でメールを送り、110番を頼んでいた。
 谷山容疑者はその後、車で逃走。13日夜、国東市内にいるところを警察官が見つけて事情を聴いていた。調べに対し「国東市まで連れて行くつもりだった」などと供述しているという。
 谷山容疑者が住職を務める寺の近くに住む70代男性は「2、3年ほど前、通夜の法要に訪れた先で突如、性的な内容の講話を始め、参列者がやめさせたこともあった」。別の男性は「門徒が離れたので近々、寺を畳むと言っていた」と話している。

大分の占い師の雑感

大分の国東市といえば私の地元です。何をやっているのでしょうか?このエロ坊主は。

61歳の寺の住職がレイプ目的とは・・世も末です。そういえば元TBS記者のレイプ記者山口さんは海外でほとぼりが冷めるまで潜伏中ですね、、女性側は記者会見までしてるのに情けないし卑怯ですね。

さて坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとはよく言ったものですが、この谷山のエロ坊主に暴行されそうになった家族からしたら許せないでしょうね・・

私は占い師ですからなんの社会的地位もありませんが、お寺の住職さんとなると檀家もいることですし地域でも名士なはずです。そんな大人が強姦未遂とは、国東市全体としてもマイナスですね。ただでさえ国東市は人口減少をしていますしね、これじゃあ若い人が出ていくのも分かります。

違う見方をするとお寺の住職でも大分ではお金に困り、風俗も行けなくて仕方なく犯行に及んだのかもしれませんね。また、29歳の女性もいきなり警察官が私服でしかも普通車に乗せるということなどは常識的にはあり得ません。そこを付いていってしまったという軽率さもあるやもしれません。

強姦未遂だと1年半以上の実刑のようですが、初犯なので執行猶予はつくでしょう。ただ民事では相当取られそうです(当然ですが)

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)