大分の占い師が豊田真由子を語る

大分の占い師が豊田真由子を斬る

豊田 真由子は、日本の政治家、元厚生官僚。衆議院議員、内閣府大臣政務官、文部科学大臣政務官、復興大臣政務官。無所属。学位は修士。元自由民主党女性局次長・青年局次長・国会対策委員会委員等。 金融庁総務企画局課長補佐、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官、厚生労働省老健局課長補佐などを歴任。

私と同じ年の女性。東京大学法学部、ハーバード大学修士と来て、厚生労働省のキャリアを経て自民党衆議院議員と学歴・職歴はこの日本では申し分のない女史ですね。

いや、でもビックリしました。現役、国会議員のスキャンダルとしては珍しいぐらいひどい。(犯罪)

これは取り上げなくては・・と。

豊田真由子氏「このハゲェ~」金切り絶叫!暴言暴行

安倍自民党を、新たなスキャンダルが直撃した。自民党の豊田真由子衆院議員(42=埼玉4区)が、政策秘書(当時)に暴力行為をはたらき、「このハゲ!」などの暴言を浴びせていたと、22日発売の「週刊新潮」が報じた。豊田氏は党本部に離党届をスピード提出したが、党による事実上の「追放」だ。国会議員の資質が問われる問題で、議員辞職に追い込まれる可能性もある。豊田氏は不祥事が相次ぐ「魔の当選2回生」の1人。自民党は「負の連鎖」に追い込まれている。

加計学園問題で追い詰められている安倍政権&自民党を、「魔の2回生」によるスキャンダルが襲った。

「その女代議士、凶暴につき」として報じた「週刊新潮」によると、豊田氏は5月、車を運転中の政策秘書の男性を、後部座席から「お前」と呼んで罵声を浴びせ、頭や顔を数回殴り、けがを負わせたという。支持者に送ったカードの宛先と名前が異なっていたミスが一因で、「このハゲ」「ばかかお前は」などの暴言も吐いたとしている。詳細なやりとりの音声データも公開。男性が、車内で録音したものだとしている。

事務所関係者は取材に、この件を含めて豊田氏が5月19~21日の3日間に、男性の顔などを計7回、殴ったと証言。豊田氏は本人に直接謝罪し、男性はすでに退職したという。

豊田氏は東大法学部卒。厚労省のキャリア官僚を経て、12年衆院選で、自民党の公募で埼玉4区の候補に選ばれ、初当選。当選2回で、15年10月から16年8月まで文部科学・内閣府・復興政務官を務めた。

華麗なキャリアの半面、永田町では「秘書が居着かない議員」の1人で有名だった。ある党関係者は「秘書やスタッフを含め約4年半で100人以上が豊田氏のもとを去った」と話す。

この日の新潮の報道を受け、自民党では二階俊博幹事長、豊田氏が所属する細田派の幹部らが集まり、対応を協議。執行部は、告示日を23日に控えた東京都議選への影響を懸念し、離党は不可避と判断。豊田氏に離党届提出を迫った。

当初は「混乱状態」(関係者)だったとされる豊田氏。午後4時すぎに代理人を通じて離党届を提出。「一身上の都合」だが、暴行への責任を取った形だ。

下村博文幹事長代行によると、豊田氏は精神的に不安定となり、入院したという。発言の数々は議員の資質以前の内容で、民進党の蓮舫代表は豊田氏の議員辞職を要求した。埼玉4区の補選も絡むため、執行部は難しい判断を迫られる。

自民党では、12年、14年の衆院選で「追い風」で当選した若手議員の不祥事が続出。特に、安倍晋三首相の出身派閥でもある細田派は、「ゲス不倫」の中川俊直衆院議員(離党)、セクハラやじ、がん患者への心ない発言をした大西英男衆院議員らの所属先だ。首相は、豊田氏の離党届提出に「やむを得ない」との認識を示したという。

首相の「お友達」が登場する加計問題の対応で、内閣支持率は急落。都議選への影響も避けられない。「安倍1強」への風向きは、明らかに変わりつつある。

豊田真由子氏「このハゲェ~」金切り絶叫!暴言暴行 - 社会 : 日刊スポーツ
安倍自民党を、新たなスキャンダルが直撃した。自民党の豊田真由子衆院議員(42=埼玉4区)が、政策秘書(当時)に暴力行為をはたらき、「このハゲ!」などの暴言を浴… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

日刊スポーツウェブより引用

大分の占い師の豊田真由子氏を斬る

豊田真由子は、占い的には宇宙人キャラです。表向きはオジサマキラーのカワイ子ちゃんキャラが出ますけど・・気分のムラが激しくプライドも高い人。集中力は凄いのでお勉強はさぞできたのでしょう。

変なことで目立ってしまいましたが、目立つこと、特別扱いされること、権力を握ることが大好きです。

今回は、自分の評価を下げるな!!と激しく怒っていましたが、自分が輝くことが最も大事な自分の足を引っ張る無能(彼女にとっては)の秘書が心底許せなかったのでしょう。

人の為に働くなどとちっとも思っていない人が、高級公務員だったことや国政政治家になってこと自体が不幸ですね。

彼女が公の場で謝るときはよっぽど進退窮まったときでしょう、

 

 

 

 

 

コメント