広告




2018年始まったばかりですがこんな風になるのではと予言

広告




大分の占い師が今年を占ってみた

2018年の干支は「戊戌」。十干・十二支が意味するのは繁栄と滅亡、さてどちらに転ぶ?かと思いますが私は日本は滅亡の方にいくとみています。

相撲協会の話がずっと続いていますがここも滅亡。ジャニーズのような興行師も滅亡。続いてテレビの時代もほぼ終わりでしょう。

相撲みたいな国技がこのような辱めを受けているのは時代の終わりを意味します。

もっとも相撲協会が今のような興行になったのも江戸時代中期とされるが、明治・大正・昭和初期には今のような賑わいではなく歌舞伎のようなものだったと思う。

戦後のGHQの洗脳教育の中で野球とプロレスとともに相撲が作られていった。

全員がTVを見て応援し日ごろの不満を解消して本当の支配者に反抗しないようにするため。

相撲は興行になってしまっているため年に5度もリーグ戦がある。15日×5なので実に75日。

ガチンコでやっていたら故障するに決まっている。ボクシングやUFCなどをみればわかる。

訓練をした大男が本気で格闘したらお互いタダではすまない。

相撲が張り手なし、投げなし、押すだけなどのものであれば分からないが・・

なのでもちろんある程度の手抜きをするのは当たりまえなのだが、、、

貴乃花はちょっと変わり者で自分が天才なのでガチンコしか許せないのでしょう。

世間も彼に加担してるのでこの先モンゴル人は少なくなり日本人は元から弱いので相撲は興行として衰退するでしょう。

日本の滅亡とは戦後日本のこと

日本が滅亡するからといって私たち庶民はあまり関係ありません。(生活は苦しくなりますが)

戦後、アメリカの支配層の奴隷となり構築してきた日本の制度が滅亡するからです。

日本の権力基盤はアメリカ→官僚→官邸→自民党(公明党)→大企業(金持ち)→役人→庶民

もうざっくりというとこんな感じだと思います。

この一番上のアメリカと官僚、この支配は今年に滅亡し始めると思います。

時は60年周期で巡りますが今年はその終わりの年になるでしょう。

新しいルールが必要なので今、安部(官邸)が勝手に作っています(ここが日本の不幸)

終わりとは始まりの意味がありますので今年から新しい日本が始まると感じています。

ですので2020年のオリンピックは新しい日本をヴィジョンするのは間に合わなく中途半端なもので終わるでしょう。

そしてこの2020年の東京オリンピックが終わった時が日本の戦後の本当の終わりです。

私は東京の首都の遷都があると思っています。

 

コメント