広告




木星と太陽が重なる年に1度のラッキーでしかも一粒万倍日

木星 占い
広告




木星と太陽が重なる年に一度のラッキーDay

2018/11/26 15:33 本日木星と太陽が直線に重なる0度コンジャンククション!!
この2つの惑星が重なるのは年に1度!!この瞬間に幸せの種がグッっと弾けます!!!世界中に幸せの運気が流れるでしょう。しかも今年は木星のホームの射手座からなので更に強力!!!
また今日は一粒万倍日(一粒万倍日については後日書きます)でもあります。3つのいいことが相乗効果になってほんと今日はいいことありそう☆彡
木星は拡大と発展の星。太陽は自己実現・生命力の星。この木星のパワーが増幅されるわけなので仕事をしている人、発展を望む人は今日は動く時ですよ!!!




占星術の木星とは

木星

  • 占星術での木星昼・男性・熱と湿
  • 12年かけてホロスコープを1周
  • 1年で1つのサインを通過
  • 中年期から老年期にかけて開発される意識
  • 射手座と魚座の支配星

占星術でいう木星は「吉星」です。木星は拡大と発展を司る惑星です。

木星は太陽系の中で最も大きく、全知全能の神ゼウスの名で呼ばれてます。安定感のある強い光を放ち、12年の公転周期を持つ木星は占星術の根源的な数の原理である黄道12宮と一致します。

木星の関わり分野ではあらゆる物事を増幅させる力が働き、拡大と発展が期待できます。社会的には仕事の機会が恵まれるなどの幸運が呼び込まれるケースが多くスムーズに進むでしょう。

木星がある場所はおおらかに広がり放っておいても発展的な方向に進みます。あまり努力せずに意識もしないのになぜか上手くいく分野や事項が示されるでしょう。

木星は高度な学問や哲学的な思想などへ向かうなど精神的な発展をも促すため他者に対して寛容になります。

天文学的な木星

木星は太陽以外では最大の惑星。

ジュピターの語源はギリシャ神話のゼウス神から来てることから古代から人類は特別な星と認識していたようですね。

木星は太陽系内で最大の惑星であり、土星、天王星、海王星とともに、巨大ガス惑星の一つである。軌道長半径は5.2 au、質量は地球質量の318倍、太陽質量の約1000分の1、自転周期は約10時間、平均密度は約1.33 g cm-3である。外層は水素とヘリウムを主成分とするガスであり、その下には金属水素層、そして中心には岩石と氷などからなるコアがあると考えられている。コアの質量は地球質量の数倍から十数倍と考えられている。しかし木星中心のような高温高圧での物質の状態方程式が明らかでなく、コアの大きさ、組成については不確定性が大きい。
木星のような巨大ガス惑星は、十分大きくなった氷からなる原始惑星が、周りの原始太陽系円盤ガスを捕獲して形成される(太陽系形成論を参照)。
木星を覆う雲は東西方向に帯状の構造を作っており、その中に楕円形の渦構造が存在する。渦構造の中で最大のものは大赤斑と呼ばれ、数百年以上にわたって存在していると考えられている。木星は惑星の中で最強の磁場を持っており、それに伴うオーロラも観測されている。
木星には63個の衛星が確認されている。その中で、最大の順行衛星であるイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストは発見者にちなんでガリレオ衛星と呼ばれている。ガリレオ衛星は、木星形成の最終段階において、木星の周りにガスとともに流入してきた固体物質が衝突合体を繰り返して形成されたと考えられている。一方、衛星の中には軌道長半径や離心率、軌道傾斜角が大きく逆行方向に公転するものもある。これらは不規則衛星と呼ばれ、木星系外から捕獲されたものと考えられている。
木星の環はボイジャー探査機1号によって発見され、その後のガリレオ探査機によって詳しく観測された。細く最も明るい主要リングの内側にはハローと呼ばれる、鉛直方向にも広がった環があり、主要リングの外側には希薄なリングが広がっている。これらは μmサイズのダストからなっており、これらの環の近傍にある小衛星に隕石が衝突してまき散らされたダストが環を形成したと考えられている。
木星は質量が非常に大きいため、太陽系のほかの天体の形成進化過程に大きな影響を及ぼしたと考えられる。

引用 天文学辞典 http://astro-dic.jp/jupiter/

占星術での太陽

  • 365日でホロスコープを1周
  • 1か月で一つのサインを経過
  • 青年期から中年期に開発される意識
  • 獅子座の支配星
  • 昼・男性・熱と乾き

太陽は万物の命を育むエネルギー源ですので生命力を象徴してます。天高く上り地上を照らす様子は国王のように世界の中心的な存在の比喩でもあります。ホロスコープを読むときは、その人が周囲に放つエネルギーの状態を太陽の状態を読むことで知ることができるでしょう。

天文学的な太陽

太陽系の中心に位置する恒星。スペクトル型はG2V型の主系列星で、およそ46億年前に水素燃焼段階に到達したと考えられている。表面温度は約6000度、中心の温度は約1500万度である。中心で起こる水素の核融合反応で、3.85\times 10^{26} Wの明るさで輝く。半径は 6.96\times 10^8 m、質量は 1.99\times 10^{30}kgである。磁場を持っており、黒点や活動領域の出現、フレアの発生などといった磁気活動を示すが、活動のレベルには強弱があり、11年(または22年)の周期性がある。中心核で発生するニュートリノも検出されている。また、表面には粒状斑、超粒状斑などの対流運動パターンが見られるほか、(主に)音波振動である5分振動も見られ、日震学の基礎データとなっている。

引用 天文学辞典 http://astro-dic.jp/sun/

 

コメント