広告




大分の人気占い師が教える初心者の占い楽しみ方

広告




占いは人生のサプリメント

この記事は特に占いなんていったこともない!!という人向けに書いています。

(大分県は宇佐神宮もあってスピリチュアル的にとっても良いところなんですよ)

占いは女、子供の遊びだ~!!思っていませんか?

確かに占いは今の科学では非科学とか言われますよね。

かくゆう私も若い時分はそう思っていました。

しかしながら最新の物理学では、この世界と平行して何重もの世界(パラレルワールド)が存在しているのが定説のようです。(工学博士武田邦彦先生談)

(インタステラーという映画もこのことを描いています。)

ということは目には見えないけど数式上は確かにほかの世界が存在する。これが今の科学の最先端です。

多重世界と占いは違う!!ってそうですね、違います。

ただ歴史的に占いは政治にも戦争時にも使われていました(日本だと平安時代など、三国志の諸葛孔明もそうですね)

当時は立派な科学だったんです。統計学ですが。。

未来も見えません、オーラも見えません、霊的なものも見えません。もちろん占いなども目に見えるものじゃありません。人のこころもそう。

しかし見えないから科学的でないと考えるのは最新科学ではありません。

逆説的に「ない」証明をしなくてはいけないからです。

占いの起源は一説には6000年とか3000年とか言われています。少なくともクレオパトラの時代にはすでにあったと思われます。

今でもカレンダーには「大安」があってパワーストーンも人気です。

人々に人気がありそれが続くということには訳がある。

占いもずーと廃れません。なんだかんだいっても何千年もあります。

私はいずれ占いも科学されると思っています。

運気の流れや生年月日からみる人の基本的な気質などは宇宙のことわりの中にあり占い師はその一端に触れ宇宙と本来は一体のわれわれ個人のよいサプリメントとなるように仕事させられていると私は考えています。






本題の占いの楽しみ方入門編

まず占いは怖いものではありません。大分県人はとくに占いは怖いわ~などと話をしますが、細なんとかさんのせいでしょうか?

え?だって大殺界とかあって死んじゃうんでしょ?って。

いやいやいや人生の冬の時代は分かってもそんな怖いことまで占い師は見ません。また、人に生き死には生年月日の運命どうりになりません。

なので運気が悪い時期はそれなりのアドバイスをやさしくします。

人生のプレーヤーは自分自身でいつでも未来は変えられます。

しかもその方が望まない限りは悪いことは言いません。

いいことはいっぱいお伝えします。

ですので肩肘張らずにゲームだと思って楽しんで占いを受けてください。

怖いことをやたらいう占い師はモグリですので無視してOKです。

リフレッシュしたいときに髪を切るのと同じ感覚で、いいこと言われたいから占いにいこうでOKなんです。

占いをしようかなぁと思ったら気軽な気持ちで占いへゴー

私自身はヒーラーの部類です。前世からトータルで600年ほどヒーラーとして生きてきました。

ですので今生は占いを通じてヒーリングをするのが天命のようです。

私に依頼したい人はこちら

占いに必要なもの3つ(占星術偏)

①自分の生年月日と生まれた時間、生まれた県

②自分に関わりのある人の生年月日、時間、県

③メモ帳、筆記用具(肝心なことをメモるため)、自分の関わりのある場所の地図

①の生年月日と生まれた時間生まれた県などは、その人がお母さんから生まれてきたその瞬間の星の位置からその人の気質(性格・考え方)や人生のグランドデザインが分かります。生まれの時間までは分からなくても大丈夫です。

②相手の方や家族などとの自分との相性も生年月日で分かります。

③占いは結構な情報量があるので覚えておきたい部分はメモりましょう。次回行くときなどの参考にもなります。地図は、引越しするときや新しい相手探しの為のいい場所などにも使います。

この人いいなぁと思ったら相性がいいので定期的にリフレッシュするといいですよ。日本では占い師がカウンセラーの役割もします。

占い師には守秘義務がありますので安心していろんなことを相談してください。

ほとんどの悩みは話すだけで解決しますよ。

何にも分からない場合は、総合鑑定をおすすめします。

占いは人生のサプリメント、人は生きることだけで精一杯なんです。

なのでちょっと訊いてほしい時、話をしたいとき、迷ったときはまよわずに占いへいくべし。

いい占い師は人格者ですのであなたに不快な思いはさせません。

時間いっぱいにたくさん質問しましょう。占い師は頼られれば頼られるほどいい答えを出してくれます。

ネットで答えを探すよりもまずは近くの占い師に相談しましょう。きっと満足を得れると思いますよ。







コメント