タロット占い大カルカナについて(その5)

大カルカナの13 DEATH(死神)

死神 – Deathの画像では、 黒い鎧を着け、白馬にまたがった死神が、人々の魂を刈り取る『死の行軍』の様子が描かれていますが、 手には魂を刈り取る鎌ではなく軍旗が掲げられています。 王冠を着けていた人は死んでいますが、祈りを捧げている司祭や、純粋な子供達は生きています。
また、背景には光り輝く太陽が昇ろうとしています。 タロットカードの死神は、単に終わりを告げるのではなく、新たな始まりも表しています。

正位置
今の延長線上にあなたの未来は見えません。 これまで関わってきた人や物事との関わりを一旦白紙に戻し、新しい方向に目を向けた再出発の時です。 全て最初からやり直す必要がありますので、苦労を伴いますが、再出発により思いもよらぬ素敵な未来が見えてきます。 新たな出会いや恋愛を始めることにより、新たな未来が見えてきます。 健康状態に十分注意を払い、恐れず、勇気を持って新たな一歩を踏み出しましょう。

キーワード
 終末、破滅、離散、終局、清算、決着、死の予兆。
 死と再生・終わりと始まり・破壊と創造
 改革の時・ターニングポイント
 移転・転換

逆位置
どっちつかず中途半端な状態を長引かせていても未来は見えません。心機一転して新たな道を模索することで成功へと導かれます。 恋愛においても、新たな出会いや新たな恋愛において、新たな幸せが見つかるでしょう。 過去の未練をきっぱりと断ち切り意識を転換することが、成功の秘訣です。

キーワード
 回復・復活
 再出発・新展開
 移転・転換

メインイメージ
  死と再生・突然の変化・終わりと始まり・破壊と創造・転換・
  ターニングポイント・移転・転機・交替

タロットのシンボル
  旗のバラの模様 … 生命の神秘
  背景の川 ………… 生命の水
  太陽 ……………… 生命、不死
  背後の風景 ……… 魂が上昇していく世界の全て




大カルカナの14 TEMPERANCE(節制)

節制 – Temperanceの画像では、キリスト教の三大天使に入る守護神『ミカエル』とされる天使が、 片足を水に浸しながら、聖杯から聖杯へ聖水を注いでいます。 水は深淵しんえんなるものの象徴であり、女性性、柔軟さ、潜在意識、深い知恵を表しています。 また、聖杯から聖杯へ聖水を注ぐ様子は、精神と肉体あるいは理性と感情など相反する二つのものを調和あるいは統合させようとしています。
節制の画像は、物質的な欲望を理性で自制し、質素で倹約することの重要性を示唆しています。 華美に飾らないシンプルな美しさこそ重要で、精神的な本当の豊かさと充足感を与えてくれるのです。

正位置
節約した質素な生活の中で充実感が得られるよう、物欲を節制し、自己管理に励んでください。 そして、少しずつ、着実に状況を改善する努力をすれば、良い結果が得られるはずです。 物事に明確に白黒をつけるのではなく、中庸の妥協点を見出すように努力するのがポイントです。 また、周囲の人々と、穏やかな協力体制を築くと良いでしょう。 恋愛においては、あなたの安定した穏やかさに惹かれて、アプローチがあるかもしれません。 また、友人関係からゆっくり恋愛関係へ発展する可能性も高まります。

キーワード
 節制・調整・節約・堅実
 自制・献身
 穏健・中庸・緩やかさ・安定

逆位置
生活が不規則になり、生活のリズムが乱れ、体力・気力が消耗し、消費も増えてしまいます。 生活のリズムが乱れは、幸運を逃がしてしまいますので、規則正しい生活を心がけましょう。 また、成果を急ぐあまり自己中心的な考えが先走り、周囲の人々を思いやる余裕が無くなり、人間関係や恋愛で信用を失ってしまいます。 一日も早く、周囲の人々を思いやるやさしさと、謙虚さを取り戻し、失った信用を回復するよう努力しましょう。

キーワード
 浪費・消耗・生活の乱れ
 自己中心・自己主張
 不安定・混乱

メインイメージ
  節度・調整・対立を抑える・中庸・リベラル・統合・控えめ・
  忍耐強さ・ゆっくりとした変化・穏健

シンボル
  額の飾り ……………… 太陽のサイン
  胸の飾り ……………… 三角形と四角形で7を表す
  水に入れた足 ………… 無意識の深さ、生命の性質
  赤い羽根 ……………… 行動力・情熱




大カルカナの15 THE DEVIL(悪魔)

悪魔 – The Devilの画像では、キリスト教の悪魔の一人であり、黒ミサを司る、山羊の頭を持ったバフォメットが、 アダムとイヴと見られる裸の男女を鎖で拘束しています。
アダムとイヴには角が生えており、表情も悠然としている様から、悪魔のしもべとして拘束されていると考えられます。 恋人のページに記した通り、 悪魔が蛇をエデンの園に忍び込ませ、イヴを誘惑してりんごの果実を食べさせ、二人を追放させた後にしもべとしたのでしょう。 しかし、拘束している鎖はゆるく、二人が自覚さえ持てば、悪魔のしもべから抜け出せることを示唆しています。

正位置
刺激的な誘惑に負け、欲望に打ち勝つことができなくなり、現実の生活や難しい問題から逃避し、無気力にダラダラと過ごしてしまうでしょう。 悪友の裏切りや悪意により、事態がさらに悪化する可能性がありますので、注意しましょう。 また、不安や焦りから、自分が置かれた状態が把握できなくなり、感情的になることも多くなるでしょう。 しっかり自分と向き合い、自分の弱さを認識し、自分の欲望に打ち勝つ強い意思を持つように努めましょう。

キーワード
 誘惑・欲望
 裏切り・悪意・暗転
 拘束・堕落

逆位置
あなたが強い意思と行動力を回復し、自分の欲望に打ち勝ち、悪い誘惑や怠惰な生活から抜け出す糸口を見出せることが示唆されています。 人に頼り過ぎず、自分が強い意志を持って頑張れば、自ずと道は開けます。 窮地に立っても焦らず、品格を持って行動すれば、新たな出会いにより運命が好転することもあるでしょう。

キーワード
 回復・覚醒
 強い意志
 新たな出会い

メインイメージ
  誘惑・欲望・強すぎる願望・欲張り・影・恐怖・欺瞞・悪事・
  暴力・ネガティブ・刺激的なこと

シンボル
  黒い背景 ……………… 警告
  右手のサイン ………… 法王が送っていた祝福のサインの反対
  逆さのペンタグラム … 闇の教え
  逆さのトーチ ………… 闇の力
  つながれた男女 ……… 堕落後のアダムとイブ
  四角い台座 …………… 物質主義

コメント